当社の15期の取り組み

8月から当社の15期がはじまりました。よく続いてるなと思います。あっという間の15年目です。

前期は売上の拡大、新卒採用に取り組むなどしてきました。おかげさまで売上は過去最大、新卒採用では労働環境の改善、合同企業説明会のノウハウ習得や採用基準の策定などの成果がありました。

しかし、わずかに営業利益は出せていません。ただ、助成金など想定していた収入があったので想定内です。
採用はやればやるほど準備不足を痛感し、社内の改善に取り組む結果となりました。売り手市場で過当競争の中で妥協してはいけませんし、これもある意味仕方がない結果です。

反省点はほかにもいくつもありますが良い点もありました。
経営指針書の一部を社員と一緒に作ったこと。未経験から育てた技術者全員が年間を通じて契約を取れたこと。広報部ができたこと。受託開発に繋がったことなどです。

今期の取り組みは、社員とともに経営課題に取り組むこと。受託開発を成功させること。新卒採用の継続。そのためのさまざまな改善を行なっています。

まだまだ発展途上です。今期も飛躍の年としたい。

代表 阿部宗明

2017年9月20日 | カテゴリー : ビジョン | 投稿者 : author